TOP > 照明器具の明るさ選び方

照明器具の明るさ選び方

照明器具の明るさ

照明器具の明るさについて

照明器具はデザインだけでなく、お部屋の広さにあった明るさを選ぶことも大切です。より適切に照明器具をお使い頂くためにも、ぜひ最後までお読みください。

照明器具の種類と使い分け

照明器具にも用途別に種類がございます。ペンダントライトは主にダイニングやキッチン、トイレなど下方向を局所的に明るくするための照明器具です。リビングで使うには暗かったり、デザイン上、全体に光が広がらなかったりします。リビングにはシーリングライトや多灯のスポットライト、シャンデリアを選びましょう。コードがないので、空間を広く使うこともできます。

照明器具の明るさは使い分けが大事

照明器具のデザインによっても明るさは変わる

電球がむき出しのデザインの照明器具と、シェードで覆われているデザインの照明器具とでは、同じワット数でも、むき出しの方がダイレクトに光が広がる分、明るく感じます。また、シェードの材質もガラスやアクリルなど透過性の高い素材ほど、光を通しやすいため、明るくなります。一方、電球を覆ってしまうデザインの照明器具は同ワット数と比較して最大半分ぐらいの明るさになってしまう場合がございます。

明るさの感じ方には個人差があります

味覚でも「辛い」と感じる度合いに個人差があるように、明るさも最終的には個人の好みや感覚に左右されます。例えば海外のお部屋やホテルのように明るさを抑えてムードある空間を演出したい方と、部屋の隅々まで明るくしたい方とでは、必要な明るさの度合い、最適な照明器具も大きく変わってきます。なお、当店ではデザイン照明というコンセプトから、1つの空間に明と暗ができる程度の明るさを最適とし、蛍光灯では得られないムード重視のライティングをご提案させて頂いております。

照明器具の明るさと広さの目安

環境や感覚などの条件が複雑に重なって明るさを決定していることを知って頂きましたが、選ぶ際の目安となる明るさと広さの対応表を作りました。なお、こちらは夜くつろぐことを目的とした明るさの目安であり、本を読んだり、仕事をしたり用途によっては、明るさを上げて頂く必要があります。

照明器具の明るさ表

明るさアップのアドバイス

ご購入後、照明器具の明るさが足りなかったという場合、もう一段階明るいLED電球へ交換して頂くことで解決できる場合がございます。LED電球は消費電力が低く、100W相当の明るさの電球でも、実際の消費電力が20W以下です。白熱球使用時のワット数以下であれば、明るいLED電球へ交換が可能です。ただし、ワット数に比例して電球のサイズも大きくなりますので、シェードに入るかどうか事前にサイズと口金をご確認ください。また、白熱球は記載以上のワット数を使用することはできません。

おすすめ商品

10th

送料無料
PICK UP!
CATEGORY
INFORMATION
RANKING
CALENDAR
2019年3月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2019年4月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
=休業日