TOP > 照明器具の明るさについて

照明器具の明るさについて

はじめに

照明器具の明るさを決定している要素は実にさまざまで複雑です。照明器具を選ぶ上で少しでも参考になればと思い、このページを作りました。なお、この文章は一切他のサイトから転用していないデザイン照明のCROIXのオリジナルですので無断転載はおやめください。

照明器具の明るさは環境面にも左右されます

照明器具の明るさは、照明器具側の光量だけでなく、空間の広さ、天井の高さ、照明器具の設置場所、反射率、間取り、壁紙の色や模様、家具の色や配置、ダウンライト等サブ照明の有無など、環境面にも大きく左右されます。例えば、壁紙ひとつ例にとってみても、白い壁紙とグレーの壁紙で比較した場合、同じ照明器具でも、はっきりと体感できるほど明るさの感じ方には差が生じます。一般的に壁紙に白系が多いのは、お部屋を明るく見せたり、広く見せたりする効果があるためです。逆に言えば、インテリアを変えるだけで明るくも暗くも見え方を変えることができるということになります。

使用者や用途によっても照明器具の明るさは様々

使用者の年齢や用途によっても必要な明るさは変わってきます。同じ空間に同一の照明器具でも若い人ほど明るく感じるそうです。また、明るさの感じ方にも個人差があります。特に普段蛍光灯をお使いで白く明るい光に慣れていらっしゃる方は、いきなり電球色(オレンジ系の光)の照明器具に取り換えされると、電球色に慣れるまで暗いと感じられる場合があり、注意が必要です。蛍光灯の白い光(昼光色や昼白色)は集中するのに向いていますので、オフィスや作業部屋には最適ですが、一日の終わりに家でゆったりくつろぎたいといった目的の場合、電球色で明るさもやや控えめにすることで、心身ともにリラックスしたムードを得ることができます。

照明器具のデザインや条件によっても明るさは異なる

お部屋ごとに合った照明器具を選ぶことも重要です。ペンダントライトはダイニングやトイレなど限定的局所的に明るくするための照明器具なので、リビングなど全体を明るく照らしたい場所には不向きです。明るいリビングをしたい場合はシーリングライトや多灯のスポットライト、シャンデリアを選びましょう。しかし、あえてリビングにペンダントライトを使用してムードを出すというテクニックもあります。ベッドルームなどは、リビングのように明るくするよりはペンダントライトを使って少し暗めにする方が落ち着きがある空間になるでしょう。また照明器具の電球がむき出しのデザインと、シェードで覆われているものとでは、同じワット数でも、むき出しの方がダイレクトに光が広がる分、明るく感じることができます。また、シェードの材質もガラスやアクリルなど透過性の高い素材ほど、光を通しやすいため、明るくなります。

照明器具の明るさは使い分けが大事

電球の明るさについて

上記の通り、環境面や個人の感覚に左右されやすい明るさですが、電球のワット数を基にした目安の表を作りました。あくまでくつろぐことを目的とした明るさですので、目的用途によっては、もう少し明るさを上げて頂く必要があります。なお、明るすぎる場合は、電球のワット数を低いものへ交換して頂くことで調整頂けます。

照明器具の明るさ表

さいごに

蛍光灯が普及している日本では、夜間でも昼間のように明るくする傾向が見られますが、過度に明るくすることは、かえって疲れ目や視力の低下、夜間でも脳が覚醒され、不眠症やストレスを招く場合があるそうです。今まで明るい照明器具をお使いだった方には、最初暗いと感じられる場合がありますが、慣れるとホテルのような心地よい明るさを感じてもらえると思います。当店ではこの明るさをぜひ味わって頂きたいと思い、「雰囲気重視」の照明器具をご提案させて頂いております。

おすすめ商品