TOP > 照明器具の電球について

照明器具の電球について

電球の口金とは

口金とは、照明器具のソケットに差し込む部分のことで、電球の根元の金属部分を指します。口金のサイズには、主にE26とE17の2種類あります。ちなみに、この頭文字のEは電球発明の父トーマス・エジソンの名前から取ってEとされているそうです。照明器具のデザインやシェードとのバランスによって口金のサイズが使い分けられ、E26の方が比例して電球自体のサイズも大きめです。また、照明器具によってはペンダントライトCURIOに使われているハロピン球のように口金G9の特殊なサイズの口金もございます。

電球の口金

電球の口金の確認方法

E26とE17の後ろの数字はそれぞれ口金の直径を表しており、そのままE26が26mm、E17が17mmです。定規で測れば簡単に調べることができるので非常に分かりやすいです。当店、デザイン照明のCROIXでは各商品ページの「電球」の欄に付属電球の口金のサイズを記載しております。また、その照明器具で使用できる電球が1セット付属しております(別売の商品もございます)。

口金の種類

電球の取り付け方法

電球の取り付け方には、主に回し込みタイプと、はめ込みタイプがあります。 口金E26とE17はネジを回して回し込むタイプ、口金G9はそのまま押し込んで取り付ける はめ込みタイプです。外す時は逆の手順で外すことができます。(点灯時、消灯直後は電球や照明器具本体が大変熱くなっておりますので、必ず完全に冷え切った状況を確認してから交換してください。)

LED電球や電球型蛍光灯への交換について

照明器具をご購入後、付属の電球をLED電球や電球型蛍光灯への交換される場合は、あらかじめ電球の口金サイズと、電球のワット数をご確認ください(LED電球のパッケージに○○W相当と書いてあります)。また、照明器具の電球がデザインの一部になっている場合、電球を換えることによって見た目が変わってしまう場合がございますので、ご注意ください。

照明器具のデザインによっては不向きの場合も

その他

E17の電球をE26へ、またはその逆へ変換する変換ソケット(変換アダプター)という便利なアイテムがあるそうです。ただ、使用する際は変換ソケット分全長が長くなってしまうため、照明器具のシェードに納まるかどうか、見た目のバランスを損なわないか注意しておくことが必要です。

口金変換ソケット

おすすめ商品