TOP > 照明器具のコード調節の仕方

照明器具のコード調節の仕方

コード+フランジカップ式の照明器具の場合

コード付きの照明器具で最もポピュラーなのが、このコード+フランジカップ(シーリングカバーとも)式のタイプ。フランジカップ内に余分なコードを収納できるので、見た目もスッキリします。


チェーン式の照明器具の場合

チェーン吊りの照明器具は、チェーンフックを使って長さ調節をします。お好みの長さのところでチェーンをフックに掛けかえます。余ったコードは、コード式と同じ要領で上から引っ張って(たぐり寄せて)調節します。ただし、余ったチェーンは収納できませんので、そのままぶらさげて使います。また、超最短の長さにしたい場合は一番右の画像のように、すべてのチェーンを取り払ってしまって、チェーンフックだけで使うこともできます。

ワイヤー式の照明器具の場合

ワイヤーで吊り下げるタイプの照明器具の高さを変えたい場合は、フランジカップの下面中央に付いている小さな出っ張り(ワイヤーアジャスター)を上に押し上げながら、ワイヤーを縮める場合は上に(フランジカップに押し込む)、ワイヤーを伸ばす場合は下に引っ張って調節します。

シャンデリアのチェーン調節について

商品ページに、下記の画像と同じものが掲載されているシャンデリアはチェーン調節が可能です。また、余ったコードをカップ内に収納することができます。※メーカーによって調節の仕方や調節できないシャンデリアがございますので、必ず各商品ページをご確認ください。

後藤照明のコード調節方法

後藤照明の照明器具には、コードの中間部分に調節用のパーツが付属しておりますので、そちらを使って長さ調節をします。横方向へコードを引っ張り、余ったコードを横に逃がします。ちなみにこの調節用のパーツは取り外しができません。

コード調節ができない照明器具について

SUNYOWのアンティークランプやシャンデリアなど一部の照明器具はコード調節が不可となります。SUNYOWの照明器具は後から調節することはできませんが、ご注文時にお好きな長さのコードに加工させて頂くサービス(有料)がございますので、そちらをご利用ください。

その他、知っておいてほしいこと

フランジカップ(シーリングカバー)が付いていない照明器具の場合、別売のシーリングカバーをお買い求めください。また、コード専用ですが巻き取って長さを調節できるコードリールという商品もございます。

おすすめ商品